ぴゃん動物病院より愛をこめて

病気のこと、日常のこと、ボチボチと綴っていきます。

  1. 院長
  2. [ edit ]

不死身のルナちゃん^_^

今日は、2000年7月生まれのルナちゃんのご紹介です。

現在15歳になりますが、なんと8回もオペ
を経験しています。
最強だ、!
08年、膀胱結石ope
11年、乳腺、レーザーope
12年、乳腺、レーザーope
13年、乳腺3箇所、切除手術
14年、子宮蓄膿症、手術。
15年、歯石除去
16年、犬歯、抜歯縫合 歯石除去

08年より結石予防食を継続^_^
11年より乳癌の転移を抑えるために三種類
の薬を飲み続け
今年からは歯石予防のために、善玉菌のフリーズドライ、プロバイオを処方しています。
ミニチュアダックスの歯石は、顎の骨を溶かしてしまう難治性の疾患です。
14才、15才に成ると、麻酔をかける事をためらい、化膿した歯が皮膚を突き破ったみたいになっている人を見かけます。
でも大丈夫ですよ^_^
ぴゃん動物病院では、従来の吸入麻酔だけでは無く、人工呼吸器の併用、鎮痛剤の持続点滴の併用、静脈内麻酔の持続点滴の併用、神経ブロックの併用などを駆使して、
老齢犬の心、肺に出来る限り負担を掛けないように心がけています。
ルナちゃんにも自信を持って⁉️お勧めしました。
飼い主様にも喜んで頂き、また
夜のおつまみも頂いて、嬉しくてまた飲みすぎてしまいました。
食いしん坊な私、
飼い主様の笑顔と、ルナちゃんの笑顔が見れて最高な1日でした。
明日は誰に会えるかな^_^
お休みなさい

スポンサーサイト