ぴゃん動物病院より愛をこめて

病気のこと、日常のこと、ボチボチと綴っていきます。

  1. 未分類
  2. [ edit ]

歯石除去の手術をしました♪



早速更新を怠りました(笑)
受付にいる山本です(*´∀`*)ノ

今回は、私の家で飼っている
ひなたさん(キャバリア女の子3歳)が
歯石除去の手術をしたので
その様子を

まずは歯石たっぷり♪
歯肉炎絶好調な術前です







手術が終わった今、見返すと
これが当たり前だったのか
驚愕しております!(笑)

ここでの注目ポイントは赤く腫れている
歯茎と、犬歯の奥の歯茎がえぐれている部分です。



この写真は、歯石を取ると歯茎と歯の間に
溝(ポケット)が出来てしまいます。
この溝に、細菌がいるので
レーザーで処置をしているところです

ちなみに、一番最初の写真にあった
歯茎がえぐれてしまっていた部分の歯は
歯石を取る段階で歯茎が弱っていたため、
ポロっと取れてしまいました!

もちろん、この場所もレーザーで焼いて
細菌を殺す処置をしています




この写真では奥歯にぽっかりと穴が開いています
歯石を取り、歯肉炎になっていた所をレーザー処置した後
歯がグラグラしている事がわかりました。
そのうち抜かなければいけないので
今回お願いして抜いて貰う事に

奥歯の抜歯は、歯を割ってから抜くので
とても神経を使い大変な場所です…
先生も集中…
根元から綺麗に抜けました!



歯を抜いても細菌が無くなる訳ではないので
レーザーでしっかりと殺してもらいます
抗生物質を詰めて縫合しました



仕上がりキレイ♪


今回の歯石除去はこんな感じでした
最近歯石を気にして手術を希望される
飼い主さんが多くみえますので
お家の子の紹介をさせて頂きました

特に私の家の子は若いので
このタイミングで出来てとても良かったと思っています
これからは、自宅でのケアが更に大切になると思ったので
病院で販売している
「プロバイオ」を使って口内環境を整えて
綺麗のキープと、これからの予防の為にも
続けていこう!と思っています

院内にも、歯石のビフォーアフターが
写真で分かりやすく紹介しているので
お気軽に相談してくださいね

しっかり見ることもないお口の中、
病気じゃないんじゃないかと
思う口内ですが様々な病気に繋がる事も
ありますので気になる方は一度先生に
診てもらって下さいね


次は誰のブログかな
お楽しみに~


スポンサーサイト